資金繰りは大切

思ったこと、感じたこと

資金繰りは、お店の競争力に直結する

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

一般的によく「資金繰りの管理は大切だ」と言われていますが、

 

 

 

 

そもそも、なぜ大切なのでしょうか?

 

 

 

 

資金繰りとは、日々のお金のやりくりのことです。

 

 

 

 

お金のやりくりが上手くいかない、ということは、支払いが出来なくなるということ。

 

 

 

 

ディーラーさんへの代金を支払えなければ、薬剤を売ってくれなくなります。

 

 

 

 

また、銀行へ返済できなければ、担保物件を処分されたり、個人保証の履行を請求されたりします。

 

 

 

 

そうなれば、お店は倒産せざるを得ません。

 

 

 

 

これだけでも、「資金繰りの管理は大切」ということにご納得いただけるとは思います。

 

 

 

 

 

しかし、私が「資金繰りの管理は大切」と考える理由は他にもあります。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

「資金繰りが悪い」=「お店の競争力が低下する」=「利益が減少する」

 

 

 

と考えているからです。

 

 

 

 

なぜかというと、資金繰りを悪化させる原因のひとつに棚卸資産(薬剤などの在庫)の増加があります。

 

 

 

 

棚卸資産が増えるとどうなるでしょうか?

 

 

 

 

モノが増えれば、当然、保管場所が必要になります。

 

 

 

 

保管場所が増えればそれだけ保管代がかかりますね。

 

 

 

 

また、バックヤードにモノが溢れていると、出荷のときに探し出すための時間がかかります。

 

 

 

 

もっとひどくなって通路にまでモノが溢れていたら、出荷作業がやりにくくなります。

 

 

 

 

つまり、作業効率が落ちるということ。

 

 

 

 

作業効率が落ちると、注文を受けてからお客様に提供するまでに余計な時間がかかります。

 

 

 

 

つまり、サービスの質の低下を招きます。

 

 

 

 

それに、どんどんモノが増えていったら、最後はセールで処分するしかなくなります。

 

 

 

 

そうすると、セールでは定価の半額などで投げ売りをしますので、利益率が大幅に悪化します。

 

 

 

 

このように、資金繰りの悪化は、

 

 

 

 

その原因となっているもの(今回であれは、商品在庫)を通じて、

 

 

 

 

お店の競争力低下や利益率の低下に結びつく可能性があるのです。

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

「資金繰り悪化による倒産を防ぐため」

 

 

「お店の競争力の維持、向上のため」

 

 

 

 

に、「資金繰りの管理は大切」なのです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容業の税務調査美容室の税務調査は突然やってくる前のページ

赤字が続いているのに、高額な役員報酬のオーナーさん次のページ実質黒字

関連記事

  1. 融資を受けやすい時期
  2. 美容室とパートナー
  3. メンタルリセット

    思ったこと、感じたこと

    GACKTの勝ち方

    GACKTさん、やばい。熱すぎる。&nbs…

  4. 日本郵便
  5. 平均年収
  6. 郵便代金

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP