不動産評価

法人を経営するオーナーさんへ

不動産評価の基準を知る(賃貸ではなく、所有で多店舗展開を進めるという選択肢)

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

オーナー様の中には、テナントを賃貸するのではなく、

 

 

 

 

 

土地・建物を購入して多店舗展開を進める方も一定数いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

つまり、「更地購入」をするわけですが、

 

 

 

 

 

その時に知っておいていただきたいのが、「その土地の時価はいくらなのか?」ということ。

 

 

 

 

 

不動産の前所有者との価格交渉のためにも、

 

 

 

 

 

購入する不動産はどれくらいの価値なのか、その基準を知っておいてください。

 

 

 

 

 

不動産の評価基準として代表的なものは、

 

 

 

 

 

「公示価格、基準地価、路線価、固定資産税評価額」です。

 

 

 

 

 

これらの基準は、

 

 

 

 

 

不動産鑑定士が法令に基づき調査した鑑定評価額等がベースとなっています。

 

 

 

 

 

①公示価格、基準地価

 

 

共事業用地の取得等の指針となるもので、

 

 

 

公示価格は、毎年1月時点での価格を3月に国土交通省が、

 

 

基準地価は、7月時点での基準値の価格を9月に都道府県が、それぞれ公表しています。

 

 

 

この「公示価格、基準地価」、両方とも時価の約90%の価格とされています。

 

 

 

②路線価

 

 

路線価とは、路線(不特定多数が通る道路)に面した土地の1㎡あたりの価格です。

 

 

国税庁が毎年7月に公表し、公示価格の約80%となる価格が設定されます。

 

 

③固定資産税評価額

 

 

固定資産税等を算出するための価格で、公示価格の約70%となる価格が設定されます。

 

 

 

 

 

 

このように、いくつか評価の基準があるわけですが、

 

 

 

 

 

やはりベースとなるのは、

 

 

 

 

 

①「公示価格、基準地価」・・・時価の90%という基準です。

 

 

 

 

できれば土地を購入なさる時は、

 

 

 

 

公示価格と販売価格を比較していただき、

 

 

 

 

 

相場と比べてどれくらいお買い得かどうかをチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

もちろん、オーナーさんがどうしても欲しい、出店したい立地にあるのであれば、

 

 

 

 

 

相場と比べて割高の土地だったとしても、ご購入いただくよりほかありません。

 

 

 

 

 

土地はすべて1点物です。

 

 

 

 

 

その際は、資金調達の手段を一緒に考えていきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と新札新札を渡すという、美容室オーナーさんの心遣い前のページ

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)を使った出店戦略次のページマル経融資

関連記事

  1. 美容機器とリース
  2. 法人で金融商品は買わないで欲しい
  3. 美容室と社長貸付
  4. 美容室と未払残業代
  5. 美容室の社員旅行
  6. 美容室の買収、M&A

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP