美容室と新札

思ったこと、感じたこと

新札を渡すという、美容室オーナーさんの心遣い

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

私のお客様の経営する美容室では、お釣りを必ず新札で渡すそうです。

 

 

 

 

 

そのオーナーさんは、独立開業して以来ずっとそうしており、

 

 

 

 

 

お札だけではなく、可能な限り1円~500円までの硬貨も新しいものを用意するそうです。

 

 

 

 

 

自分はお客様のために何ができるのか、何をしたいのかを考えて、

 

 

 

 

 

その中の1つ「お釣りには新札を渡すこと」が、

 

 

 

 

そのオーナーさんのお店の誇りの1つなのかもしれません。

 

 

 

 

 

そのオーナーさん曰く、銀行に出向き新札を準備することを、

 

 

 

 

 

「1円の得にもならない面倒なこと。古くても新札でも同じお金だよ。」ではなく、

 

 

 

 

 

「来店してくださったお客様に新札を渡すのは、うちの店の譲れないところ。それは決して手間ではない。」

 

 

 

 

 

と考えれるかどうかの違いですよ、とのこと。

 

 

 

 

 

それを聞いて、経営者であるオーナーさんの心構え、経営に対する覚悟のようにも感じました。

 

 

 

 

 

 

そういった心配りがお客様に伝わってか、

 

 

 

 

 

もちろん、そのオーナーさんの経営成績は素晴らしいです。

 

 

 

 

 

「ちょっとした手間で、価値が変わる。」

 

 

 

 

 

しみじみ、そう思いました。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

持ち家と賃貸経営者の自宅は、持ち家と賃貸どっちが有利?前のページ

不動産評価の基準を知る(賃貸ではなく、所有で多店舗展開を進めるという選択肢)次のページ不動産評価

関連記事

  1. 開業する人が増えている
  2. 【堀江貴文×MB】「情弱」だらけの美容業界が陥る、クーポンの甘い罠
  3. 美容室・税務調査
  4. 不採用の理由
  5. 経営者として尊重される
  6. 個人ブログの効果

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP