美容室経営と議決権

法人を経営するオーナーさんへ

最低51%以上は、株式を持っておかないと危険です

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

株主からの出資は、

 

 

 

 

「返済しないで良い資金」

 

 

 

 

を受け入れることとなりますので、

 

 

 

 

会社にとっては多大なメリットがある一方、注意点もあります。

 

 

 

 

それは、友人・知り合いなど「第三者」から出資を受ける場合です

 

 

 

 

オーナーさんがお1人で出資する場合、

 

 

 

 

議決権100%を有するオーナーさんの意見が何でも通りますので

 

 

 

 

ご自身思い描く通りに、美容室経営を進めることができます。

 

 

 

 

 

一方、2人以上が株主となる場合、

 

 

 

 

最低でも株式の51%以上をオーナーさんが持っていないと、

 

 

 

 

会社の重要事項を決めるとき、オーナーさんの意見が通らなくなります。

 

 

 

 

※誰を役員にするか、役員報酬をいくらにするか、事業譲渡、合併などが、

 

 

お1人では決められなくなります

 

 

 

 

つまり、あなたが社長であったとしても、

 

 

 

株式を51%以上持っている他の人に、経営権を握られてしまうということです。

 

 

 

 

言い換えると、

 

 

 

 

①社長であるあなたは、いつ解任されるかもわからない。

 

 

 

②会社を自由に動かせなくなる。

 

 

 

ともいえます。

 

 

 

 

このような事態を防止するためにも、

 

 

 

 

オーナーさんの持株割合は、最低でも51%以上にしておいていただきたいです。

 

 

 

 

※できれば、67%以上の株式を保有してください。

 

 

 

もちろん理想は、オーナーさんお1人で100%の株式を保有していただくことなのですが、

 

 

 

 

中には、共同出資せざるを得ない状況の方もいるかと思います。

 

 

 

 

ですので、

 

 

 

 

「最低51%、できれば67%以上の株式」

 

 

 

 

あなたの経営権を守るためにも、

 

 

 

 

どうかこの水準だけは、確保するようにして下さい。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

連絡手段と思いやり電話よりはメール、メールよりはLINEが望ましい前のページ

美容室を法人成りするなら「会社の目的」に注意してください次のページ美容業の会社の目的

関連記事

  1. 個人事業から会社にするメリット、その①「信用力が上がる」(法人化・法人成りのメリット)
  2. 学生である子供への役員報酬
  3. 美容室と最低賃金
  4. 会社標本調査
  5. 災害、税金の支援制度
  6. 美容室、出金伝票

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP