美容室と未払残業代

個人事業主のオーナーさんへ

美容室と未払残業代の請求、GPSアプリなんてあるんですね

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

オーナーさんと月次の打ち合わせをしていたら、

 

 

 

 

 

これまでは、暗黙の内に良しとされてきた美容業界の慣習があると。

 

 

 

 

 

 

・営業前の朝礼

 

 

 

・勤務後のレッスン時間

 

 

 

・休日や早朝・勤務後の勉強会

 

 

 

 

など、

 

 

 

 

 

これらの時間は、本来は、労働時間として管理しなければいけません。

 

 

 

 

 

美容業界では、こういった時間は残業ではなく、

 

 

 

 

 

プライベートの勉強時間として、

 

 

 

 

 

給料が発生しないのが慣例となっていました。

 

 

 

 

 

ですが、最近では、残業時間に対するスタッフさん側の認知も進み、

 

 

 

 

 

労基署に駆け込まれることも増えてきているのが現実です。

 

 

 

 

1.残業証拠レコーダーというアプリ

 

 

弁護士監修のもと作成された、

 

 

 

 

 

GPSアプリ(残業証拠レコーダー)があるのをご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

最近の残業に対する関心が集まるなか、

 

 

 

 

 

こういったアプリまで無料提供されています。

 

 

 

 

 

このアプリの特徴としては、

 

 

 

 

 

 

①自動で毎日の勤務時間を記録していきます。

 

 

 

→ 勤務先の位置情報から滞在時間(勤務時間)を記録します。

 

 

 

 

 

②務時間から、お店の勤務体系に応じた正確な残業代を計算していきます。

 

 

 

→ 会社の勤務体系に応じた簡易残業代の計算シュミレーションが行われます。

 

 

 

 

 

③勤務先・自宅の住所から、近くの労働問題に詳しい弁護士を簡単に検索できます。

 

 

 

→ ご丁寧に残業請求を行ってくれる弁護士まで紹介してくれます。

 

 

 

 

 

雇われている側としては、至れり尽くせりでしょうが。

 

 

 

 

オーナーさん側としては、恐ろしいアプリです。

 

 

 

 

2.リスク管理をしておいてください

 

 

労務管理がおろそかになっている美容室オーナーさんには、

 

 

 

 

 

どのくらいリスクがあるか。

 

 

 

 

 

営業前の朝礼、客待ち時間やレッスン時間、勉強会の時間などは、

 

 

 

 

 

接客対応してないから労働時間にカウントしていない。

 

 

 

 

 

としたら、

 

 

 

 

 

過去2年分の残業代を、いきなり請求される可能性があります。

 

 

 

 

 

月給20万円、毎日2時間残業があったとしたら、2年で200万円にもなります。

 

 

 

 

 

※残業代の請求権は、2年が時効です

 

 

 

 

 

経営者として、リスク管理は必須です。

 

 

 

 

 

 

将来発生するかもしれないリスクに対して、

 

 

 

 

 

最小限のダメージで済ませるための対策は、

 

 

今すぐ行ってください。

 

 

 

 

 

何も対策せずに、将来のリスクを運だけに頼るような経営は危険です。

 

 

 

 

 

労働相談に関しては、税理士業務の対象外となっており、

 

 

 

 

私は、直接ご相談に乗ることができませんが、

 

 

 

 

 

社会保険労務士を紹介することもできますので、

 

 

 

 

 

もしご不安な方は、私に連絡してください。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

お客様から電話がありまして、

 

 

 

近隣の美容室から、どうも身売りの話がありそう、と。

 

 

 

 

ヒアリングしながら、M&Aにおける注意事項を一通りアドバイス。

 

 

 

 

さもプロっぽく対応したが、寝起きでベッドの上だったことは秘密だ。

 

 

 

 

良い子のみんな、約束だぞ!

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

ネイルサロンと税金ネイルサロンの税金、個人事業税がかからない前のページ

美容室の開業と自己資金不足、協調融資という方法もある次のページ美容室とハムスター

関連記事

  1. 確定申告の期限延長
  2. 理美容室のガイドライン
  3. 確定申告・年末調整で、所得控除を見逃していませんか?【社会保険料控除】
  4. 美容室の共同出資
  5. 振替納税の期限
  6. 美容室とゆとり世代

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP