美容業以外への投資

異業種への投資をなさるオーナーさんへ

美容業以外の新規事業をはじめるとき、最低限意識しておきたい5項目

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

オーナーさんが美容業以外の新規事業を始めるとき、

 

 

 

 

 

「どのくらいまで投資していいですか?」

 

 

 

 

 

と、よくご質問いただきます。

 

 

 

 

 

財務的な面を考えれば、できれば、

 

 

 

 

 

「美容業の営業利益+減価償却費」

 

 

 

 

 

この金額の範囲内で、新規事業の借入を10年以内に返せるならば、

 

 

 

 

 

それほど心配ないと答えています。

 

 

 

 

 

※債務償還年数を計算するということです

 

 

 

 

 

なぜなら、ここまでは銀行も資金を融資してくれる可能性が高いからです。

 

 

 

 

 

一方、10年以上になると、途端に厳しくなります。

 

 

 

 

 

新規出店なさる時も同様です。

 

 

 

 

 

新規出店の借入を、既存店舗の「営業利益+減価償却費」×10年以内でカバーできるなら、

 

 

 

 

 

 

それほど心配ありません。

 

 

 

 

 

 

ここで、新規事業を行う場合、

 

 

 

 

 

これだけは最低限クリアしておいて欲しいことを、5つ書き出してみると、

 

 

 

 

 

①事業に伴うコスト増を、既存事業の「営業利益+減価償却費」でカバーできるか?

 

 

 

 

 

②①が出来ないとしたら、

 

 

新規事業が軌道に乗るまでの運転資金を集める手段を「今」講じているか?

 

 

 

 

 

③新規事業に伴って、既存社員の給与は下がらないか?

 

 

 

 

 

④銀行は、その投資に協力的か?

 

 

 

 

 

⑤どうなったら新規事業を撤退するかを考えているか?(赤字期間、赤字金額など)

 

 

 

 

 

 

 

飲食業など、異業種への投資を検討のオーナーさんは、

 

 

 

 

 

 

リスクヘッジのためにも、

 

 

 

 

 

クリアしているかどうか、ぜひ確認してみて下さい。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

あなたの美容室の「死んでいるお金」あなたの美容室に「死んでいるお金」は、どれくらいあるか前のページ

オーナーさんの奥さんにまで、連帯保証をつけるワケ次のページ経営者の奥様にまで連帯保証

関連記事

  1. 銀座の美容室
  2. 本業以外の投資
  3. 軽減税率対策補助金
  4. 副業としての不動産経営
  5. 投資で損をしないように
  6. 美容業と整体院

最近の記事

  1. 一時支援金
  2. 事業再構築補助金
  3. 女性美容師さんの独立
  4. 美容室とPCR検査
  5. キャリアアップ助成金
  6. 社会保険料と美容室・理容室
  7. 美容室・出店
  8. 理容師・美容師さんと社保の扶養

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP