美容室でペットを経費に

会計・経費のこと

美容室・理容室で、ペットは経費はできますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「ペットは、経費にできますか?」

 

 

 

 

 

 

美容室のオーナーさんから、

 

 

 

 

 

冗談まじりで、こんなご質問をたまにいただくことがあります。

 

 

 

 

 

かくいう私も、

 

 

 

 

 

最近、黒い柴犬を飼いはじめたので、

 

 

 

 

 

自分の確定申告で経費に入れられるなら、入れたいところ。

 

 

 

 

 

まず、結論からお伝えすると、

 

 

 

 

 

 

正面きって「ペット」と言われたら、ダメと言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

ですが、全くダメかというと、そうでもありません。

 

 

 

1.ペットは経費になる?

 

 

経費にするのであれば、

 

 

 

 

 

「売上のために、必要な支出である。」

 

 

 

 

 

これを証明しなければいけません。

 

 

 

 

 

・犬カフェのいぬ

 

 

・猫カフェのねこ

 

 

・ふくろうカフェの鳥

 

 

 

 

 

など、本業のビジネスが、動物を扱うものであれば、

 

 

 

 

 

経費としての明確な説明もつきますので、

 

 

 

 

 

エサ代から医療費まで、ペットの支出を経費にすることができます。

 

 

 

2.美容室・理容室では、どうか?

 

 

では、美容室・理容室では、どうでしょうか?

 

 

 

 

 

これをすれば確実に経費として認められる!

 

 

 

 

 

という手法はありませんが、

 

 

 

 

 

ペットを経費にするアイディアを、

 

 

 

 

 

いくつか挙げてみたいと思います。

 

 

 

 

 

①お店で飼う

 

 

 

実際に、お店で飼ってしまいましょう。

 

 

 

 

 

・犬がお店の番犬になっている

 

 

・お店のマスコットとして広告塔になっている(ソフトバンクのカイくんのように)

 

 

・熱帯魚がお店に来たお客様を和ませている

 

 

 

 

など、実際にお店で飼っていれば、

 

 

 

 

 

スタッフさん同様、お店の売上に貢献していると考えられます。

 

 

 

 

 

ただし、朝晩、オーナーさんの家に連れて帰るなら、

 

 

 

 

 

100%すべての金額を経費にするのは、難しくなります。

 

 

 

 

そのため、

 

 

 

 

 

1日のうち、ペットがお店にいる時間、

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

「ペットが仕事をしている時間。」

 

 

 

 

 

だけを経費にするなど、合理的な按分が必要になるでしょう。

 

 

 

 

※15,000円のペット用品を経費にしたい。

 

 

 

 

 

ペットが1日8時間だけお店にいるなら、

 

 

 

 

 

15,000円×8時間/24時間=5,000円を経費にするということです。

 

 

 

 

 

②ブログやSNSに載せる

 

 

 

 

 

また、お店のブログやSMSに、

 

 

 

 

 

看板ペットとして載せるのも1つの手です。

 

 

 

 

 

その結果、

 

 

 

 

 

「サイトのアクセス数が上がった。」

 

 

 

 

 

などの実績があれば、強い証拠になります。

 

 

 

 

 

③仕事をさせる

 

 

 

 

 

また、ペットに本格的な仕事をしてもらうのは難しくても、

 

 

 

 

 

・写真素材にする

 

 

・イベントに参加させる

 

 

・お店のグッズを作る

 

 

 

 

 

など、できる限り美容室・理容室での事業と関わりを持たせるのも、

 

 

 

 

 

1つの手です。

 

 

 

 

 

さらに、実際にそこでお金を稼げるならば、

 

 

 

 

 

こちらも強い証拠になります。

 

 

 

 

3.まとめ

 

 

正面から「ペット」と言われてしまうとなかなか難しいですが、

 

 

 

 

 

キチンと、

 

 

 

 

 

「売上のために、必要な支出である。」

 

 

 

 

 

ことを証明をすれば、経費にできる可能性はあります。

 

 

 

 

 

ペットの種類によってもアプローチの仕方は変わってると思いますので、

 

 

 

 

 

経費にする場合、事前によくご検討ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

nennmatutyousei美容室・理容室の年末調整の手続きについて(平成30年)前のページ

そろそろ「生命保険料控除証明書」が送られてくる時期です次のページ生命保険料控除証明書

関連記事

  1. 増税前にアップデート
  2. カフェで仕事
  3. 日付のない領収書
  4. 「領収書」と「レシート」の違い【どっちをもらえばいいのか迷ってませんか?】
  5. スイカとパスモと店舗視察
  6. 美容室と簿記

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP