営業利益と経常利益

会計・経費のこと

PLで重視される利益ってどれなの?【銀行評価を考えたなら】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

銀行が決算書でよく見る利益が2つあります。

 

 

 

利益といっても、売上総利益・営業利益・経常利益・当期純利益といろいろありますので、

 

 

 

「PLの最後に書かれてるんだから、当期純利益が1番大事でしょ?」

 

 

 

という認識のオーナー様も多いですが、実はこれ間違い。

 

 

 

銀行は、「営業利益」・「経常利益」の2つを重視します。

 

 

 

まず「営業利益」は、お店の本業たる美容業ででた利益をいいます。

 

 

 

ここが「赤字=本業が儲かっていない」ということをシンプルに意味するので、

 

 

 

まずは、営業利益を黒字にすることが大切です。

 

 

 

そして「経常利益」。

 

 

 

これは、本業以外でも、経常的にでてくる損益を加減した利益です。

 

 

(経常的=たまたま1回だけではなく、毎年でてくるものというイメージです)

 

 

 

「本業+本業以外」=「お店全体の収益力」があらわれるのが、経常利益ということ。

 

 

 

つまり、「どれくらい返済能力があるか?」を意味するので、これまた重要な利益となります。

 

 

 

一言に利益といっても、PLにはたくさんの利益が書かれていますが、

 

 

 

その中でも「営業利益」と「経常利益」は、お店の本当の実力を測るバロメーターとなります。

 

 

 

開業なさったばかりのオーナー様は特にですが、

 

 

 

非常に重視される利益なんだ、ということは知っておいていただいて損はありません。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

キャッシュレス・消費税還元事業キャッシュレス・消費税還元事業の注意点【複数のクレジットカード会社と加盟店契約しているオーナーさんへ】前のページ

こんな処理をする税理士は要注意【特別損失と営業外費用】次のページずさんな税理士

関連記事

  1. 美容師の忘年会
  2. 貸借対照表は考えが反映される
  3. 日付のない領収書
  4. 美容室の福利厚生
  5. 月次決算の美容室
  6. 「領収書」と「レシート」の違い【どっちをもらえばいいのか迷ってませんか?】

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP