スーツを経費に

会計・経費のこと

スーツは経費にできますか?

 

税理士の山本です。

 

 

 

「スーツ、ビジネスバッグ、革靴は経費にできますか?」

 

 

 

オーナーさんから、こんなご質問をいただくことがままあります。

 

 

 

結論からお伝えすると、スーツが経費として認められることはまずありません。

 

 

 

私のように、いつもスーツを着て働く仕事ですら難しい。

 

 

 

なぜかというと、スーツは冠婚葬祭など、プライベートでも着れてしまうからです。

 

 

 

スーツ代は、税務調査で経費と認められないと指摘される定番のものです。

 

 

 

こちらが「スーツは仕事でしか着ません。」と主張しても

 

 

 

調査官から「冠婚葬祭で着ますよね?」と言われ経費を否認されてしまいます。

 

 

 

なお、税務調査でスーツ代が経費として認められないのは、

 

 

 

京都地裁の判決がでていることからも一般的に認知されています。

 

 

 

裁判所の判断をカンタンにお伝えすると、

 

 

 

スーツのみならず、衣服は、

 

 

 

①誰もが必要とする(プライベートでも使う)

 

 

②その種類、品質、数量等は個人の趣味によってかなりの差がある

 

 

③耐用年数もかなりの個人差がある

 

 

 

だから、経費とは認められないということになっています。

 

 

 

ただ、100%経費に入れられないわけではないでしょう。

 

 

 

人によっては、本当に仕事にしかスーツを使わないことが証明できる方もいるかもしれません。

 

 

 

スーツ代を経費にできるかどうかは、

 

 

 

「仕事にしか使わないということを証明できるかどうか?」

 

 

 

ということ。

 

 

 

ただ、理屈の上では可能性はありますが、

 

 

 

100%仕事用であることを証明するのは極めて難しい。

 

 

 

私もスーツを経費にできればどんなにいいことやら。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

3Dパース内装工事が終わってみたら、壁も床もデザインと違う!?【これから独立するオーナーさんへ】前のページ

ホームページ開設費等補助【葛飾区のオーナーさんへ】次のページホームページ開設費等補助

関連記事

  1. 営業利益と経常利益
  2. 月次決算の美容室
  3. 美容室と店舗ごとの収益
  4. 美容室と簿記
  5. 「領収書」と「レシート」の違い【どっちをもらえばいいのか迷ってませんか?】
  6. あなたの美容室の「死んでいるお金」

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP