美容室の決算書・試算表

会計・経費のこと

決算書・試算表は、役に立たない(そのままでは)

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「決算書は、役に立たない(そのままでは)。」

 

 

 

 

なんだこの税理士は、バカ野郎。

 

 

 

 

なんて声が聞こえてきそうですが、

 

 

 

 

 

決算書や試算表は、ただ数字が並んでいるだけです。

 

 

 

 

ですが、ある意識を持って読んでいただくだけで、

 

 

 

 

意味のある数字の並びになります。

 

 

 

 

それが。

 

 

 

 

①「今、お店はどうなっているのか?」

 

 

 

②「このままいったら、お店はどうなるのか?」

 

 

 

③「じゃあ、これからどうしたらいいのか?」

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

1.簡単なイメージをお伝えすると

 

 

 

簡単なイメージですが、

 

 

 

 

①「今、お店はどうなっているのか?」

 

 

 

・毎月、いくらの黒字・赤字なのか。

 

 

・黒字・赤字の原因は何か。

 

 

・利益は、増加傾向か、減少傾向か。

 

 

・原価率をはじめとする、主要な数値のバランスはどうか。

 

 

 

 

などです。

 

 

 

 

②「このままいったら、お店はどうなるのか?」

 

 

 

・毎月の利益は、借入の返済額に足りているのか。

 

 

・現在の利益水準で、納税額はいくらなのか。

 

 

 

などです。

 

 

 

 

③「じゃあ、これからどうしたらいいのか?」

 

 

 

・単価 or 客数を、どう見直すべきか

 

 

・原価率をはじめとする主要コストを、どういうバランスにするか

 

 

 

・現状の利益で、新店舗を出店したり、

 

既存店舗をリニューアルするためには、利益をどれくらい貯めればいいのか。

 

 

 

 

など。

 

 

 

このように、3つの流れを意識していただくことによってはじめて、

 

 

 

 

決算書・試算表の数字に、価値が生まれはじめます。

 

 

 

2.まとめに

 

 

 

「決算書は、役に立たない(そのままでは)。」

 

 

 

 

決算書や試算表は、ただ数字が並んでいるだけです。

 

 

 

 

ですが、上の3つの視点で読んでいただくと、

 

 

 

 

意味のある数字の並びになります。

 

 

 

 

「目標・理想」と「現状(決算書・試算表)」の差を把握する。

 

 

 

 

その差を埋めるための「行動」に繋げる。

 

 

 

 

そのためのツールとして、「決算書・試算表」を活用してみてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

ニセ税理士に注意オーナーの皆さま、ニセ税理士にご注意を前のページ

平成30年中にマイホームを買ったオーナーさん、住宅ローン控除の書類を年内に集めておいてください。次のページ住宅ローン控除

関連記事

  1. 忘年会の領収書
  2. 美容室とスポーツジムの経費
  3. 美容室と店舗ごとの収益
  4. 経費に入れる
  5. 美容室の多店舗展開
  6. 損益分岐点

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP