美容室とコンサルタント

銀行・融資・財務のこと

悪質な融資コンサルタントと、美容室オーナー様の悲痛な叫び

 

 

税理士の山本です。

 

 

資金調達のサポートをしてくれる融資コンサルタント。

元銀行員や士業でなくとも、経験とノウハウを持ち合わせた人もいますが、

中には、悪質なコンサルタントもいますのでご注意いただきたい。

 

 

私がいままでオーナー様から聞いた悲痛な叫びは、

 

 

①開業融資で高額な成果報酬を取られた

 

 

まずは、これ。

 

 

「開業していきなり、1,500万の融資の成果報酬として20%、300万の請求を受けたんです。

しかも、開業前に10分ほど話を聞いてもらっただけなんです。」

 

 

色々と、冗談キツイですよね。

10分ほど聞いただけでそんな請求をしてくる神経もわかりませんし、

 

 

オーナー様であればお分かりいただけると思いますが、

お店をオープンしていきなり300万の運転資金が削られたらどうなるか。

容赦なく運転資金の返済ははじまるのに、お店が潰れてもいいと考えてるとしか思えない。

 

 

②着手金だけを受け取り、何もしてくれない

 

 

「ほとんど何もしてくれなかったくせに、融資も成功しないし、着手金も取られたんです。」

 

 

成功報酬の場合、着手金や手付金として先に手数料のいくらかを支払うケースは少なくありません。

問題は、申請だけして「ダメでした・・・」というケース。

 

 

残念ながら、はじめから着手金だけを目的とする不誠実なコンサルタントも存在しています。

必ず、事前に確認してください。

 

 

③融資を受けられるように決算書を改ざんする

 

 

「『銀行ウケが良いように決算書を書き換えましょう。』といわれたんですが、、、」

 

 

決算書を改ざんし、財務状況を実際より良く見せて、融資を引き出そうとする手口です。

いずれ金融機関に提出する決算書とつじつまが合わなくなり、不正は露見します。

(見る人が見たら、この手の不正は簡単にわかります。)

 

 

銀行さんからの信用が地に落ちることは避けられませんし、

最悪の場合、オーナーさんご自身が詐欺罪に問われる可能性があったり、

借入金の一括返済を求められることもあります。

 

 

百害あって一利なしです。

そんなことを提案してくるコンサルタントにはくれぐれもご注意ください。

 

 

以上が、悪質なコンサルタントの手口の一例です。

 

 

もちろん、良心的なコンサルタントの方もいらっしゃいますが、

悪質な資金調達サービス(融資コンサルタント)も存在することも確かですので、

できるだけ信頼できる専門家にご相談なさるようにしてください。

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

確定申告所得税の還付が見込まれるオーナー様、申告は1月中がオススメです!前のページ

役員貸付金があると、最悪の場合、多店舗展開できなくなる次のページ美容室と役員貸付金

関連記事

  1. 銀行との関係性
  2. コロナ対策融資
  3. 分散投資でリスクヘッジ
  4. スタッフの退職
  5. 銀行評価
  6. 美容室オーナーさんと、早食いと

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP