スイカとパスモと店舗視察

会計・経費のこと

店舗視察のためにスイカやパスモを使うなら、定期的な履歴印字をお忘れなく

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

領収書は、クーポン券みたいなものです。

 

 

 

 

 

所得税が20%の方であれば、

 

 

 

 

 

1万円の領収書があれば、2千円税金が安くなる。

 

 

 

 

 

2割引で買い物ができたのと同じです。

 

 

 

 

 

ですが、領収書があれば、

 

 

 

 

 

なんでも経費にできるわけではありません。

 

 

 

 

 

特に気を付けていただきたいのが、

 

 

 

 

 

電車に乗るときに便利な、

 

 

 

 

 

「SuicaやPASMOのチャージの領収書」です。

 

 

 

 

 

チャージをすると、券売機が

 

 

 

 

 

「領収書の必要な方は、発券ボタンを押してください。」

 

 

 

 

 

なんてしゃべりますが、

 

 

 

 

 

実は、あの領収書、それだけでは経費の証明にはなりません。

 

 

 

 

 

つまり、経費にできない。

 

 

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

 

 

SuicaなどのICカードは、

 

 

 

 

 

コンビニ、自動販売機、タクシーなど、

 

 

 

 

 

交通費以外の支払いにも使えるからです。

 

 

 

 

 

つまり、チャージの領収書があるからと言って、

 

 

 

 

 

①交通費に使ったかどうかわからない。

 

 

 

 

 

そして、チャージの領収書には、

 

 

 

 

 

②どこに行ったか記載されていないため、

 

 

 

 

 

仕事の移動かどうかもわかりません。

 

 

 

 

 

 

①交通費に使ったかわからない。

 

 

 

 

②仕事の移動かわからない。

 

 

 

 

 

この2つの理由から、

 

 

 

 

 

Suicaなどのチャージの領収書は、

 

 

 

 

 

「交通費であることを証明する能力が低い。」ため、

 

 

 

 

 

税務調査で経費性を否定されやすいものの1つです。

 

 

 

 

 

そのため、お店が2店舗以上となり、

 

 

 

 

 

店舗管理のために、

 

 

 

 

 

よく電車移動なさるオーナーさんにお願いしているのが、

 

 

 

 

 

「履歴印字(利用明細)」

 

 

 

 

 

を定期的に発券していただくということ。

 

 

 

 

 

券売機でだせるあれです↓

 

 

http://www.jreast.co.jp/suica/use/record/index.html

 

 

 

 

 

これ、別の言い方をすると、

 

 

 

 

 

「どこからどこまで移動したのかわかる証拠を、残しておいてください。」

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

履歴印字(利用明細)を残しておいていただくことにより、

 

 

 

 

 

①交通費に使ったかわからない。

 

 

 

 

→利用明細に、移動区間や利用金額が記載されるので、

 

 

電車移動していることが証明できます。

 

 

 

 

 

②仕事の移動かわからない。

 

 

 

→利用明細で、日程・移動区間がわかるため、

 

 

「表参道店のマネジメントのために、千葉店から電車移動しました。」

 

 

 

 

 

など、仕事の移動だと簡単に説明できます。

 

 

 

 

 

また、もし履歴印字(利用明細)を取っていなかったのであれば、

 

 

 

 

 

エクセルなどで管理表を作っていただくと証拠として有効です。

 

 

 

・7月1日  東京→千葉  630円  A店舗視察

 

 

・7月2日  東京→渋谷  460円  B店舗視察

 

 

 

 

など、「日付、移動区間、金額、移動目的」がわかるように、

 

 

 

 

 

表で管理していただくのが望ましいです。

 

 

 

まとめに

 

 

Suicaなどでの移動が毎月少額であれば、

 

 

 

 

 

「追加でとれる税金が少ないから、見過ごすか。」

 

 

 

 

 

と税務署が判断することがあるのは事実です。

 

 

 

 

 

一方、

 

 

 

 

 

Suicaなどの利用が多くなればなるほど、

 

 

 

 

「もし、利用明細などの証拠を残してなければ、一気に税金をとれるな。」

 

 

 

 

と税務署が考え、細かくチェックしてくるのも事実です。

 

 

 

 

 

ご自身の身を守るためにも、

 

 

 

 

 

できるだけ証拠を残すようにしておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続するメガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する前のページ

美容室を「縮小移転」するときに、知っておいて欲しい3つのポイント次のページ美容室の縮小移転

関連記事

  1. 忘年会の領収書
  2. 増税前にアップデート
  3. スーツを経費に
  4. カフェで仕事
  5. 開業と経費
  6. 美容室とスポーツジムの経費

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP