領収書の枚数

思ったこと、感じたこと

領収書が少ないオーナーさんの方が、利益が多い傾向がある

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室オーナーさんの資料を拝見していると、

 

 

 

 

不思議と傾向のようなものに気付くことがあります。

 

 

 

 

 

その1つが、「領収書の数」。

 

 

 

 

 

ほぼ同じ店舗数、スタッフ数なのに、

 

 

 

 

領収書の枚数が全然違うということがよくあります。

 

 

 

 

そして、さらに不思議な傾向がありまして、

 

 

 

それは、

 

 

 

「領収書が多いオーナーさんより、

 

少ないオーナーさんのほうが、売上・利益が多い傾向がある。」

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

①領収書が少ない → コストコントロールを緻密に行っている

 

 

②コストコントロールを緻密に行っている → 売上・利益も、緻密に管理している

 

 

 

 

というオーナーさんの性格が表れた結果なのかもしれません。

 

 

 

 

といっても、

 

 

 

 

領収書の数が多いのか、少ないのか。

 

 

 

 

ご自身では、比較のしようがないですよね。

 

 

 

 

ですので、そんな時こそ、顧問税理士に聞いてみましょう。

 

 

 

 

「うちって他の美容室より、領収書多いですか?」

 

 

 

 

と、聞いてみて下さい。

 

 

 

 

もし、他の美容室より多かったら、

 

 

 

 

そこから改善の糸口が見つかるかもしれません。

 

 

 

 

ぜひ、お試しください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

財務のスコアリングを上げる「利益が出てるから役員報酬を上げましょう。」という税理士に注意してください。前のページ

知り合いのオーナーさんから、法人化を勧められた時にご注意いただきたいこと次のページ美容室の法人成り

関連記事

  1. ハローワーク
  2. 美容室、QBハウス
  3. 連絡手段と思いやり
  4. 美容室と社会保険
  5. 平均年収
  6. 美容室とペット同伴

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP