分散投資でリスクヘッジ

銀行・融資・財務のこと

銀行は、融資先を分散することによってリスクヘッジしています【店舗拡大を目指すオーナーさんへ】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

積極的に新規出店なさるオーナーさんほど、資金需要が増えます。

 

 

 

なぜ資金需要が多くなるかというと、

 

 

 

新規出店当初は、

 

 

 

・ホットペッパーなどの広告投資

 

 

・スタッフさんの給与

 

 

・テナントの地代

 

 

 

などの固定費支出が先行するため、利益がでないことがほとんどだからです。

 

 

 

利益がでないからと言って、各種支払いは待ったなしで訪れます。

 

 

 

そのため、銀行から運転資金の融資を受ける必要があるのですが、

 

 

 

ここで知っておいていただきたいことが1つ。それが、

 

 

 

「銀行は融資先を分散することによってリスクを抑えている。」

 

 

 

という事実。

 

 

 

銀行が1社あたりに融資できる総額には限界があります。

 

 

 

株式投資でよくある「分散投資」と同じ考えです。

 

 

 

「銀行は融資先を分散することによってリスクを抑えている。」

 

 

 

それを踏まえて、銀行から融資を受ける立場である私たちの戦略は、

 

 

 

①融資を受ける銀行の数を増やし

 

 

②融資を受ける総額を増やす

 

 

③結果として、銀行間の相見積もりになり、銀行で勝手に金利引き下げ競争をしてくれる

 

 

 

という戦略をとる必要があります。

 

 

 

そうしなければどうなるか。

 

 

 

会社の成長が遅くなる、or、止まってしまうのは明白です。

 

 

 

私たちも複数の銀行と取引を行うことによって、リスクヘッジしていきましょう。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

軽減税率対策補助金軽減税率対策補助金の手続きが緩和されました【飲食店も営むオーナーさんへ】前のページ

税務署での閲覧サービスが、写真撮影OKに【確定申告書を無くしてしまったオーナーさんへ】次のページ閲覧サービス

関連記事

  1. オーナーさんの個人資産
  2. 美容室と融資
  3. 美容室の縮小移転
  4. メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する
  5. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その②「融資金額と金利」
  6. 美容室と銀行への定期訪問

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP