銀行は、支店と付き合う

銀行・融資・財務のこと

銀行とは、「人」ではなく「支店」と付き合うのがポイント

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

私は、オーナーの皆さまには、

 

 

 

 

 

 

「人」ではなく、「支店」と付き合うことをお願いしています。

 

 

 

 

 

あっ、銀行との付き合いということです。

 

 

 

 

 

どういうことか。

 

 

 

 

 

支店長を含め、銀行には、店舗の異動があります。

 

 

 

 

 

 

また、支店では、貸す貸さないの決定権は、支店長が握っています。

 

 

 

 

 

銀行の融資担当者と個人的に仲良くなって、

 

 

 

 

 

「このオーナーさんに貸したい!」

 

 

 

 

 

と熱心に頑張ってくれても、

 

 

 

 

 

 

支店長が「貸さない。」と判断すれば、それまでです。

 

 

 

 

 

また、今の支店長と個人的に仲が良く、

 

 

 

 

 

「融資に積極的で、どんどん融資を通してくれる。」

 

 

 

 

 

こうだったとしても、

 

 

 

 

 

 

支店長の異動があって、

 

 

 

 

 

「保守的な人が支店長になって、全く融資が通らなくなった。」

 

 

 

 

 

というのは、よくある話です。

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

 

「人」ではなく、「支店」と付き合っていただきたい。

 

 

 

 

 

担当者個人とではなく、支店長個人とでもなく、

 

 

 

 

 

「支店」と付き合っていただきたい。

 

 

 

 

 

担当者や支店長の異動があったとしても、

 

 

 

 

 

安定的に資金調達していくために、

 

 

 

 

 

①「決算書・試算表の財務面のスコアリング(定数評価)」

 

 

 

 

 

②「継続的な定期訪問による、支店単位の信用(定性評価)」

 

 

 

 

 

 

を上げ続けて欲しいということです。

 

 

 

 

 

担当者・支店長の異動によって、急に資金調達ができなくなった。

 

 

 

 

 

こんな事態を避けるためにも、

 

 

 

 

 

銀行は、「人」ではなく、「支店」と付き合うようにしてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と税理士とあなたの税理士と、ビジョンの共有はできていますか?前のページ

他の美容室を買収、M&Aで時間を買うという戦略次のページ美容室の買収、M&A

関連記事

  1. 美容室と繰上返済
  2. 美容室の協調融資
  3. 自己資本を増やす
  4. 借入は返さない。
  5. 預金平残と美容室
  6. 美容室の決算説明

最近の記事

  1. 理美容業
  2. iDeCo(イデコ)
  3. 給付延長
  4. 生命保険料控除
  5. 大切なのはキャッシュ
  6. 年末調整
  7. 足立区の美容室
  8. 専従者給与の変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP