美容室と決算書

銀行・融資・財務のこと

銀行が融資したくなる決算書、3つの特徴

 

 

先日、銀行さんと融資の打ち合わせをしたのですが、

彼らがこんなことを言っていました。

 

 

「決算書や試算表をパッと見た時に、

この会社に融資したいなって思う会社があるんですよ。」

 

 

銀行さんが言っていた特徴をまとめると、次の3つです。

 

 

①「黒字である」

 

②「自己資本(純資産)がプラスである」

 

③「美容業(本業)と関係ない資産がないorあっても少ない」

 

 

①「黒字である」

 

まず1つめは、「黒字であること」。

 

わかりやすい理由ですよね。

 

 

加えて、きちんと減価償却費を計上していることも重要です。

 

 

※なお、黒字の金額を大きく見せるために、

 

わざと減価償却費を計上していない決算書や試算表をお見かけすることがありますが、

 

逆に、銀行評価が悪くなるのでお気を付けください。

 

 

②「自己資本(純資産)がプラスである」

 

2つめが「自己資本(純資産)がプラス」であること。

 

 

逆に、自己資本がマイナス、

 

つまり、債務超過であると、融資謝絶の可能性が高まります。

 

 

債務超過は、過去の赤字の累積が、

資本金を上回っていることを意味します。

 

 

つまり、その会社が設立から現在まで、

 

トータルで1円の利益も上げることが出来ず、

 

赤字体質であることを、最も客観的に示しているからです。

 

 

③「美容業(本業)と関係ない資産がないorあっても少ない」

 

 

また、意外と知られていないのですが、

 

「美容業(本業)と関係のない資産がないorあっても少ない。」

 

これが3つ目のポイントです。

 

 

 

有価証券、ゴルフ会員権、リゾート会員権、高級車、ヨットなど、

 

 

「こんな資産がなくても、きちんと事業できるんじゃないかな?」

 

 

と思ってしまうような資産のことです。

 

 

 

銀行さんは、これまでの経験則で、

 

 

「高級車などの購入に使うんじゃないかな?」

 

「本業に集中する気がないんじゃないかな?」

 

 

このように思ってしまい、融資に後ろ向きになるそうです。

 

 

まとめ

 

①「黒字である」

 

②「自己資本(純資産)がプラスである」

 

③「美容業(本業)と関係ない資産がないorあっても少ない」

 

 

以上3点が、

 

銀行が融資をしたくなる決算書の特徴です。

 

 

 

決算書は、社長さんの性格や考え方がそのまま反映されます。

 

決算書に遊びの資産がない、あるいは少ないということは、

 

その社長さんは、公私混同をせず、

 

事業に真正面から向き合っていることを物語っています。

 

 

こういう会社にこそ、無担保など、有利な条件で融資がしたいそうです。

 

長くお付き合いしていきたい、そう思うそうです。

 

 

銀行さんがそう思っているということを、

ぜひ、知っておいてください。

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容師と住宅ローン社長さんの住宅ローンの審査は、サラリーマンより厳しい前のページ

もう逃げられない?社会保険の未加入調査次のページ美容室の社会保険調査

関連記事

  1. 美容室・追加融資
  2. 銀行融資スケジュール
  3. 借入と住宅ローン
  4. 日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?
  5. マル経融資
  6. 平均残高と月末残高

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP