運転資金と美容室

銀行・融資・財務のこと

美容室の運転資金を申込む時のテクニック

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

銀行は、美容室へ運転資金の融資をしたがりません。

 

 

 

 

美容室は現金商売であり、

 

 

 

 

運転資金がいらないと認識しているからです。

 

 

 

 

そして、美容室に運転資金が必要になるのは、

 

 

 

 

売上不振による赤字を補填するためだと、銀行さんは思っています。

 

 

 

1.赤字と運転資金

 

 

「それなら、赤字のケースでは運転資金を借りれないのか?」

 

 

 

 

というと、そういうわけでもありません。

 

 

 

 

「銀行さん、ちゃんと返済できるから安心してください。」

 

 

 

 

と言えるような具体的な計画を、数字の根拠を添えて説明できるなら、

 

 

 

 

赤字でも運転資金を借りることができます。

 

 

 

 

つまり、今後どのように赤字を黒字へ転換していくか、

 

 

 

 

その計画を銀行に説明することが何より大切です。

 

 

 

 

・社長や役員の報酬を下げたり

 

 

・経費を削減したり(変動費・固定費の両方)

 

 

・スタッフさんの採用活動と、採用活動が利益に与える効果を伝えたり

 

 

・集客方法の改善と、その効果の見込みを伝えたり

 

 

 

 

など

 

 

 

 

①現状の課題、②改善案、

 

 

 

 

を数字を用いて説明すると効果的です。

 

 

 

 

 

なお、数字の根拠が薄い計画や、

 

 

 

 

実現不可能だと思われる計画を提示しても、

 

 

 

 

銀行はそれを信用しません。

 

 

 

 

あくまで、現在の試算表の数字をベースに、

 

 

 

 

実現可能な計画を、数字を交えて説明する必要があります。

 

 

 

 

 

また、これも知っておいていただきたいのですが、

 

 

 

 

もし、会社やオーナーさん個人に、担保提供可能な不動産(土地・建物)があれば、

 

 

 

 

その不動産を担保設定することを条件に、融資を申し込むのも1つの方法です。

 

 

 

2.では、黒字のケースはどうか

 

 

一方、黒字のケースで運転資金が必要となるケースとしては、

 

 

 

 

①店舗出店や移転、増床に伴うスタッフの採用

 

 

②集客強化のための広告費用

 

 

 

 

などが考えられます。

 

 

 

 

そのようなケースでは、

 

 

 

 

スタッフの採用や新たな広告によって、

 

 

 

 

現状の黒字を、さらに伸ばして行きたいと、

 

 

 

 

その計画を提示すると効果的です。

 

 

 

 

 

※もっとも、黒字の場合、

 

むしろ銀行さんから「運転資金を借りませんか?」と言われることも多いですし、

 

赤字の時ほど、具体的な数字や計画を提示しなくても、審査が通ることも多いです。

 

 

 

3.まとめ

 

 

銀行が、美容室をどう認識しているかをつかめば、

 

 

 

資金調達の効果的な方法が見えてきます。

 

 

 

 

「数字」・「根拠」・「具体的な計画」

 

 

 

 

銀行さんの大好物ですので、

 

 

 

 

融資の申込をする際は、これを提示してあげることをお忘れなく。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室専門の社労士美容室専門の社労士さんもいる前のページ

共同出資をなさるなら、リスクだけは知っておいてください。次のページ美容室の共同出資

関連記事

  1. キャッシュが大事
  2. 美容室と在庫
  3. 美容室と決算書

    銀行・融資・財務のこと

    銀行が融資したくなる決算書、3つの特徴

     先日、銀行さんと融資の打ち合わせをしたの…

  4. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その②「融資金額と金利」
  5. 銀行と見せかけの低金利
  6. さいたま市・コロナ

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP