美容室の税務調査・美容師夫婦の打ち合わせ代は経費になるか?

税務調査がくる前に

ご夫婦で美容師の方、ミーティング代を経費にしてませんか?

 

 

メガネです。

 

 

 

 

ご夫婦で美容室を営んでいると、税務調査の時に必ずチェックされる点があります。

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

「交際費や会議費の中に、家庭の支出が混同していないか?」

 

 

 

 

言い換えると、

 

 

 

「夫婦の打ち合わせ代(食事代)を、経費にしてないよね?」

 

 

 

という点がチェックされます。

 

 

 

 

 

税務署がどうやって調べるのかというと、

 

 

 

 

 

使った経費のレシートや領収書の内容を1つ1つ確認していきます。

 

 

 

 

スーパーのレシートを見て、

 

 

 

「人参、ジャガイモ、玉ねぎ、肉、カレールー」などと書いてあったら、即アウトです。

 

 

 

 

 

カレーをお客様に提供するサロンは、まず存在しませんよね。

 

出している方がいたら、すみません。

 

 

 

 

 

このように、オーナーさん一家の「プライベートの支払いは、経費になりません」。

 

 

 

 

サロンでお客様に出す飲み物やお菓子も一緒に買ったのであれば、

 

 

 

 

 

その飲み物代・お菓子代だけが経費になります。

 

 

 

 

 

「事業用」の支払いだけが経費として認められるということは、必ず意識してください。

 

 

1.夫婦のミーティング代は、経費になる?

 

 

ただ、夫婦でサロンを経営している美容師さんからよくいただく質問が、

 

 

 

「夫婦で、ミーティングしながら食事をした場合は経費になりますか?」

 

 

 

 

というもの。

 

 

 

 

いい機会なので、税務署の考え方を聞いてみたところ、

 

 

 

 

 

夫婦のミーティング代は、「経費ではない」というのが税務署の原則的な見解です。

 

 

 

 

 

なぜなら、「家庭用の支出と明確に区分できないから」です。

 

 

 

3.経費にいれられる方法はないの?

 

 

だからと言って、経費にできないわけではないです。

 

 

 

 

 

では、どうすればいいのか。

 

 

 

 

 

それは

 

 

「その食事の時に、仕事に関する話をどれだけしていたのか」

 

 

 

 

を具体的に立証できればいいわけですね。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

食事代を全額経費にはできないが、

 

 

 

 

 

食事代に対して、事業割合(仕事の話をしていた割合)を加味して、経費を計算することになります。

 

4.でもね

 

 

でも正直、毎回、そんな事業割合なんて計算するのは大変です。

 

 

 

 

 

記録をとるのも手間ですよね。

 

 

 

 

個人的な見解にはなりますが、

 

 

 

 

 

この手の節税の話はたくさんありますが、

 

 

 

 

 

個人的には、この手の話に興味を持って、経費を増やすことに使う時間がもったいないと思います。

 

 

 

 

むしろ、マーケティングに時間を使ったり、お客様が喜ぶことに時間を使って、

 

 

 

 

 

サロンの売上を増やすことに目を向けてほしいと思います。

 

 

 

 

 

経費を増やすことよりも、売上を増やす。

 

 

 

 

 

経費を増やすことは、限界がありますが、

 

 

 

 

売上を増やすことには、限界はありません。

 

 

 

 

 

工夫と努力次第でいくらでも増やせます。

 

 

 

 

あなたのサロンが、お客様からもっと愛される、支持されるサロンになるために、

 

 

 

 

 

限りある時間を使って頂きたいと、心から願っています。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

借入の返済のために、どれくらい利益を出せばいいのか知っていますか?【法人経営者の方へ】借入の返済のために、どれくらい利益を出せばいいのか知っていますか?【法人経営者の方へ】前のページ

美容室の物件契約と、定期借家契約の落とし穴次のページ美容室の物件契約と、定期借家契約のおそろしさ

関連記事

  1. 美容室と食事代と経費
  2. 理美容業とお年玉
  3. 美容室
  4. 美容室と税務調査
  5. 予告なしで税務署がお店に来ることがあることを知っていますか?無予告調査といいます【現金商売と税務調査】
  6. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP