税務調査は突然に

税務調査がくる前に

美容室の税務調査は突然に

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

開業して3年以上経つと、オーナーさんによっては税務調査があったりします。

 

 

 

税務調査は全ての納税者が対象ではありますが、

 

 

 

実際に調査を受けるのは全納税者の5%位。20社のうち1社ということです。

 

 

 

調査対象に選ばれる基準は非公開ですし、

 

 

 

調査を受ける際には「申告内容の確認」以外の理由は教えてくれません。

 

(とはいえ、「おそらくこういう理由だろうな」という当たりは付けることができます)

 

 

 

美容業の税務調査は、他の業種に比べるといくつか特徴があります。

 

 

 

①無予告でくることが多い

 

 

 

通常の税務調査は、事前に税理士を通じて調査の日程調整を行いますが、

 

不特定多数のお客様を相手に現金を扱う美容業は、

 

事前予告なしに突然調査官がやってくることが多いです。

 

 

 

②内観調査をされることもある

 

 

内観調査とは、営業時間内にお客として来店して配席、お店の込み具合、

 

現金の管理状況などをチェックすることをいいます。

 

さながら、スパイ活動のような感じです。

 

 

 

無予告で税務調査にこられると取り繕うことができませんので、

 

 

 

不正をしていればバレてしまう可能性が高くなるわけです。

 

 

 

多額の黒字であったり、急成長しているお店などは、

 

 

 

きちんと経理をしていても税務調査を受けることはあります。

 

 

 

兎にも角にも、いつ税務調査に入られてもいいよう、

 

 

 

キチンとした現金管理、帳簿書類の整備をしておくことが大切になります。

 

 

 

そうすれば、税務調査を無予告で受けても、それほど大きな問題に遭遇するようなことはありません。

 

 

 

準備が大切です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の開業「いくらなら借りられますか?」を聞くのは禁物前のページ

法人名を決めるときの注意点【同じ名前は使えない?】次のページ法人成りと会社名

関連記事

  1. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!
  2. 「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】
  3. 税務調査
  4. 意見聴取(プチ税務調査)のために、税務署へ
  5. 美容室の税務調査
  6. 税務調査では、主張し続ける

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP