美容室と税務調査

税務調査がくる前に

美容室で使う衣装代は、経費になるのでしょうか?【税務調査に向けて】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

美容室によっては、スタッフさんに統一した衣装を準備したり、

コンテストや撮影のための衣装を準備することがありますよね。

 

 

 

もちろん、支払はお店負担。

 

 

「仕事のために使っているのだから、経費になるでしょ?」

 

 

と思っていても、税務調査では、

ほとんどのケースで衣装代が重点チェック項目になるので注意が必要です。

 

 

 

どれだけ税務署に説明しても、

 

 

「仕事でもプライベートでも着てますよね?」

 

「スタッフさんの制服代は、スタッフさんが自腹で購入していますよね?」

 

 

など、とにかく、本当に仕事で使ったのかをチェックする質問が飛んできます。

 

 

 

税務調査というのは、私たち経営者の主張をポジティブに聞いてくれる場ではありません。

常に「疑いの目」でチェックが行われる場です。

 

 

だからこそ、衣裳代に限らず、税務署の「疑いの目」に対して、

客観的に経費性があることを証明する必要があります。

 

 

なお、もし、仕事で使った衣装代について証明資料を作るのであれば、

 

 

①衣裳を購入した都度、購入リストを作成する

 

 

そしてそのリストに、

 

 

②購入日、③誰が着用するものか、④保管場所、⑤廃棄した日、⑥廃棄方法

 

 

などの情報を記載していくのが望ましいです。

 

 

仕事で使ったことを客観的に証明するためには、

お店で使用する衣装の保管状況を、常に管理しなければなりません。

誰の目からも、「どう見ても仕事で使ってるな」という証拠を残さなければいけないからです。

 

 

 

客観的な証拠作りも、経営者にとって必要な作業になります。

 

 

美容室の税務調査でお困りのオーナー様は、1度ご相談下さい。

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

返済期間美容室を開業するなら、返済期間は1年でも長く、資金繰りを1円でもラクに前のページ

「理容業・美容業」の倒産が急増、過去最多を更新次のページ理美容業の倒産

関連記事

  1. 意見聴取(プチ税務調査)のために、税務署へ
  2. 税務調査、省略
  3. 美容室と税務調査
  4. 美容室の内偵調査
  5. 美容室と社員旅行
  6. 美容室とテナントの固定資産税

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP