美容室

税務調査がくる前に

スタッフさんの電話番号をメモする調査官

 

 

税理士の山本です。

 

 

とある美容室の税務調査にて。

 

 

業務委託サロンの調査では、「外注費」をチェックされることが多いです。

 

 

ある調査でもそうでした。

 

 

外注費として計上している人件費が架空じゃないかとか。

 

 

外注じゃなくて、本当は給与じゃないかとか。

 

 

ある時の調査では、調査官が業務委託のスタイリストさんの携帯番号を

 

 

こっそりメモしている場面に遭遇しました。

 

 

私は性格がよろしくありませんので、

 

 

こっそり書き写したのをもちろん見ています。

 

 

あとでそっと近づいて、

 

 

「先ほど、こっそりメモしてましたよね?

連絡を入れるなら、オーナーさんに伝えてから堂々とお願いしますね。」

 

 

と言ったら、真っ青になってました。

 

 

本当にね。連絡したいなら「教えてください」って堂々と言って欲しいものです。

 

 

いくら税務調査でも、突然スタッフさんに電話なんてされたら、

 

 

「私の携帯の番号を勝手に教えたの?」

 

 

とスタッフさんに勘違いされて、オーナーさんは信用を失います。

 

 

それがスタイリストの方々の退職に繋がったら、調査官はどう責任をとるんでしょうね?

 

 

そうゆうこともあるので、私はなるべく調査官の動きをチェックするようにしています。

 

 

「税務調査は、チェックされるだけでなく、調査官をチェックすることも大切」

 

 

ということは、対策としてぜひ知っておいてください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

火災保険火災保険の保険金を、他の用途に使っても大丈夫ですか?前のページ

アナログな税理士にあたると、経営者としての「時間」を奪われる次のページ高齢な税理士

関連記事

  1. 税務調査では、主張し続ける
  2. 税務調査対策
  3. 美容室とテナントの固定資産税
  4. 予告なしで税務署がお店に来ることがあることを知っていますか?無予告調査といいます【現金商売と税務調査】
  5. 「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】
  6. 意見聴取(プチ税務調査)のために、税務署へ

最近の記事

  1. 電子申告か、それ以外か
  2. 船橋の美容室
  3. メインバンク変更
  4. 節税
  5. 平均年収
  6. 千葉県支援金
  7. 木更津市・支援金
  8. 独立したオーナー様

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP