お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【飲食店・美容室のオーナーさんへ】

税務調査がくる前に

お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【美容室のオーナーさんへ】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室の税務調査では、

 

 

 

 

 

「定休日の領収書」が、特にチェックされることを知っていますか?

 

 

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

 

 

お店の定休日の領収書には、

 

 

 

 

 

「個人的支出が混じってるんじゃないかな?」

 

 

 

 

と税務署が疑うからですね。

 

 

 

 

コンビニやデパートでレシートではなく領収書をもらって、

 

 

 

 

 

内容をわからなくして、

 

 

 

 

個人的な支出を経費に落としていないかどうかチェックしてきます。

 

 

 

 

 

スタッフさんに対して、定休日の業務内容(本当に定休日に仕事をしているかどうか)を

 

 

 

 

 

質問してくることもありますし、

 

 

 

 

 

デパートに直接出向いて、どんなものを何個購入したのか確認することもあります。

 

 

 

 

 

 

「デパートに確認した結果、消耗品10万円の実態は、紳士用のバッグでした

 

オーナーさんが使っているそのバッグで間違いないですね?」

 

 

 

 

 

 

などとチェックされます。

 

 

 

 

 

デパートの領収書には、通し番号がありますので、内容まですべてわかります。

 

 

 

 

 

いうまでもなく、個人的な支出だった場合、経費として認められません。

 

 

 

 

 

 

税務署は、原始資料(レシートや領収書)から、あらゆる角度で事実を把握してきます。

 

 

 

 

 

日常の行動から逸脱した行動がないかチェックしたり、

 

 

 

 

 

反面調査(取引先に確認)という手段も使えることを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

<まとめ:税務調査でチェックされるポイント(こんな視点でチェックされます)>

 

 

①お店の定休日のレシートや領収書は、個人的な支出じゃないかな?

 

 

②本当に定休日に仕事をしていたのかな?

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室理容室の開業と物件の内装、(3)「既存のお店を引き継いで開業」のメリット・デメリット美容室の開業と物件の内装、(3)「既存のお店を引き継いで開業」のメリット・デメリット前のページ

開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」次のページ開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」

関連記事

  1. 意見聴取(プチ税務調査)のために、税務署へ
  2. 美容室の税務調査
  3. 美容室
  4. 美容室の税務調査
  5. 美容室と食事代と経費
  6. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!

最近の記事

  1. 佐倉市の理美容室
  2. 藤沢市の理美容業
  3. 木更津市の理美容業
  4. 板橋区の理美容業
  5. 月次支援金と理美容室
  6. さいたま市の理美容室
  7. 千葉市の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP