あなたは大丈夫?開業失敗事例②「物件契約時のトラブルにより開業を断念したケース」

美容室・理容室を開業するあなたへ

あなたは大丈夫?開業失敗事例②「物件契約時のトラブルにより開業を断念したケース」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

オープン前の準備段階で開業断念・開業直後に廃業、、、

 

 

 

 

 

そんなことにならないために、

 

 

 

 

 

美容室の失敗事例から、存続のポイントを学びましょう。

 

 

 

 

 

 

今回は、第2弾、お話しする開業失敗事例は、

 

 

 

 

「物件契約時のトラブルにより開業を断念したケース」です。

 

 

 

 

 

よくあるのは、物件オーナーと物件を探している方の間で、

 

 

 

 

 

希望する契約のタイミングが合わず、契約を結ぶことができなくなった例です。

 

 

 

 

 

 

あなたが狙っている物件が人気物件であればあるほど、

 

 

 

 

 

このケースが起こりやすいので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

開業を予定している方が金融機関から融資を受ける際には、

 

 

 

 

 

先に物件の申込をしてから、融資の申し込みを行います。

 

 

 

 

 

そのため、物件の申込後、融資が下りるまでは契約することはできません。

 

 

 

 

 

もし、融資が下りなければ、物件の契約はおろか、開業自体できなくなります。

 

 

 

 

 

一方、物件オーナーは、申込をした人が借入を行うかどうかは関係ありません。

 

 

 

 

 

すでに空室の物件であれば、1日でも早く契約を結んで、家賃収入を得たいと考えています。

 

 

 

 

 

融資の実行までに時間がかかると、物件オーナーはあなたとの契約を待つことができずに、

 

 

 

 

 

他の入居希望者(あなたのライバル)と先に物件契約を結んでしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

早い者勝ちということです。

 

 

 

 

 

 

こうして、物件オーナーと物件を探している方の間で、

 

 

 

 

 

希望する契約のタイミングが合わず、契約を結ぶことができなくなり、

 

 

 

 

 

他の物件が見つからなければ、最悪の場合、開業を断念しなければなりません。

 

 

 

 

 

こんな事態を避けるためにも、

 

 

 

 

 

自己資金は、不動産取得費用以上貯めておきましょう。

 

 

 

 

あなたのお店が理想的なスタートを切れるように、

 

 

 

 

開業までに自己資金の準備をしっかりしておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その② 【新規開業予定の方へ】日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その②【新規開業予定の方へ】前のページ

架空人件費は脱税ですよ?絶対にやめてください【美容室のオーナーさんへ】次のページ架空人件費は脱税ですよ?絶対にやめてください【飲食店・美容室のオーナーさんへ】

関連記事

  1. 地方自治体による「制度融資」のメリット【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】
  2. 期限延長と国税庁
  3. 美容室・開業のために必要となる資格【防火管理者の資格をとっていますか?】 あなたの開業するお店には、スタッフさん・お客様含めて、30人以上の人が収容可能でしょうか? もし、収容人員が30名以上の美容室・飲食店を開業するのであれば、「防火管理者」の資格が必要です。 消防法により、あなたのお店の防火管理者を選任し、開業時に消防署に届け出なくてはいけません。 「防火管理者」は、防火上必要な業務を適切に遂行し、その防火対象物の管理を行なう人をいいます。 つまり、「火事が起きるのを防止して、もし、火事が起きたら、適切に避難誘導などの行動ができる人」です。 なお、 お店の延床面積が300㎡以上なら「甲種防火管理者」、 お店の延床面積が300㎡未満なら「乙種防火管理者」の選任が必要になります。 また、「防火管理者」の資格は、 最寄りの消防署が行っている「防火管理者講習」を修了することで取得できます。 そして、「講習期間」は、甲種は2日・乙種は1日で、「受講料」は3,000~5,000円です。 なお、余談ですが、火災で多くの方が思い出すのが、「新宿歌舞伎町ビル火災」ではないでしょうか。 2001年9月、44名の方がお亡くなりになり、3名の方が負傷したあの痛ましい事件です。 あの火災をきっかけとして消防法が大幅に改正されました。 防火管理者の必要性と重要性を伝えるのに、あれ以上の教訓はないように思えます。 現在も、「防火管理者」の講習では、「新宿歌舞伎町ビル火災」を引き合いに出して、 講習が行われることも多いと聞きます。 多くの死傷者を出した原因は、避難通路の確保が不十分であったためとされています。 あなたのお店でも、いつどんなことが原因で火事に見舞われるかわかりません。 あなた・お客様・スタッフさん、お店にかかわるすべての方の命を守るためにも、 「防火管理者」の資格を取るとともに、防火に関する意識を高めてください。
  4. 利益をだしているお店のオーナーさんが高い確率でしていること【テナント物件の家賃交渉】
  5. 物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その①「給排水設備」
  6. 追加の運転資金

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP