美容室の入金口座

法人を経営するオーナーさんへ

2店舗目以降の入金口座に、ネットバンクを使うオーナーさんが増えてきた

 

 

税理士の山本です。

 

 

「他の美容室オーナーって、店舗が2店舗以上になった場合、各店舗で通帳分けてますか?

それとも、通帳1つのままですか?」

 

 

これから2店舗目を出店なさるオーナーさんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

結論からお伝えすると、「入金専用口座」を各店舗ごとに作るオーナーさんがほとんどです。

 

 

①各店のスタッフさんに入金専用通帳を渡して、日々の売上はその口座に入れてもらう。

 

②そして、その通帳に入金されたお金を、本部の通帳に資金移動してまとめる。

(銀行によっては、自動的に資金移動してくれるところもありますね)

 

 

という管理方法をとられているオーナーさんが多いです。

 

 

なお、最近は、各店の入金専用口座としてネットバンクを活用する方も増えてきました。

ネットバンクだとコンビニさえあれば日本中にどこでも入金できますし、一定金額以上だと手数料が0円になるところも多い。

 

 

それに、入金専用カードを作れるところもありますので、盗難リスクもグッと減らせる。

とメリットも多いからですね。

 

 

日々の入金・支払の管理方法1つで業務効率はグッと変わりますので、

ベストな方法を検討していただければと思います。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の内装工事代の平均内装費って、みんなどれくらいの金額かけてますか?前のページ

信用保証協会の対応がバラバラである事実は、あまり知られていない次のページ美容室開業と保証協会

関連記事

  1. 美容室の共同出資
  2. 美容室と家賃交渉
  3. 最低賃金の引上げ
  4. 会社の登記簿謄本
  5. 個人事業から会社にするメリット、その③「社宅契約で節税できる」(法人化・法人成りのメリット)
  6. 美容室の買収、M&A

最近の記事

  1. 理美容室の賞与
  2. 家賃支援
  3. テナント支援
  4. 最低賃金
  5. 実質無利息
  6. 東金市の理美容室
  7. 山武市・美容室
  8. 八潮市の理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP