採用と引っ越し

会計・経費のこと

スタッフの引っ越し代を、お店が負担することはできる?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「スタッフの引越し代をお店が負担したら、経費になりますか?」

 

 

 

 

 

オーナーさんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

新年度がはじまって、新入社員が入ってきたり、異動も多いタイミングなので、

 

 

 

 

 

引越し代を負担なさるオーナーさんも多いかと思います。

 

 

 

 

 

まず、結論からお伝えすると、

 

 

 

 

 

スタッフさんの引越し代をお店が負担したら、全額、経費にすることができます。

 

 

 

 

 

ただし、次の2つのケースのどちらに当てはまるかによって、

 

 

 

 

 

費用の種類がかわるので注意が必要です。

 

 

①「お店都合で引っ越しする場合」

 

 

 

・新規に採用したが、自宅がお店から遠いため、お店の近くに引越した

 

・業務の都合上、他の店舗に転勤を命じた(店長の任命など)

 

 

 

 

このように、仕事の都合上やむを得ず引越しするようなケースでしたら、

 

 

 

 

 

全額「福利厚生費」「旅費交通費」などの経費にできます。

 

 

②「スタッフさんの自己都合で引越しする場合」

 

 

次は、①のように、仕事でやむを得ずというような理由がない場合です。

 

 

 

 

 

スタッフさんが自分の好きな場所にただ引っ越すだけ、

 

 

 

 

 

というケースをイメージしていただければと思います。

 

 

 

 

 

こういったケースもお店が引越し代を負担することはできますが、

 

 

 

 

 

その場合、お店が負担した金額は、全額「給与」となりますので、

 

 

 

 

 

次回の給与支払時に「所得税」を追加徴収する必要があります。

 

 

 

※仕事上必要でない引越し代を払ってあげた=プライベートのお金をお店が払ってあげたのと一緒だからです

 

 

 

 

 

あまり②のようなケースはないかと思いますが、

 

 

 

 

「お店都合」「自己都合」で、こんな取扱いの違いがあるんだなというのは知っておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

裏の決算書銀行提出用に、裏決算書を作るのはやめてください前のページ

キッチリしているオーナーさんほど、税務調査が省略される次のページ税務調査、省略

関連記事

  1. 経費に入れる
  2. 裏の決算書
  3. 交際費の使い過ぎ
  4. 領収書のない経費
  5. 大切なのはキャッシュ
  6. 美容室と店舗ごとの収益

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP