譲渡所得

個人事業主のオーナーさんへ

先祖代々の土地を売った?

土地 売却

 

人生のライフステージ、それぞれで、

まとまったお金が必要になるタイミングがありますよね

 

進学・結婚・独立開業・入院・介護など、理由は様々ですが

手元に資金がない場合、

なかには、持っている土地を売ることにより資金の捻出を考えるケースもあると思います

 

先日、知人と話しているときに、こんな話になりました

 

知人「親の介護のために、まとまったお金を用意しておこうと思ってさ、

   あの土地売ろうと思うんだ、不動産屋に聞いたら〇〇万円くらいで売れるってさ」

 

それを聞いた私、

 

私 「あの土地、確か先祖代々の土地ですよね?

      売った金額の約2割税金がかかって、手元に残るのは約8割です

    それを踏まえて資金計画立ててくださいね」

 

知人「え!?なにそれ、そんなに税金で持っていかれるの?」

 

ええ、持ってかれてしまいます

 

土地や建物を売って利益がでると、長期に持っていた土地・建物の場合だと

利益に対して、所得税15.315%・住民税5%がかかるんです(合計20.315%)

 

簡単にいうと、「売った金額」△「買った金額」=「利益」と考えていただければいいのですが、

 

先祖代々引き継がれているような土地の場合には、「買った金額」がない場合もあります

 

そのため、「売った金額」がそのまま「利益」となって、税金2割がかかってきてしまうんですね

 

 

これを知らずに資金計画を立てると、こんなはずじゃなかったのに、なんてことになりかねません

不動産の売却は、一生に一度あるかないかの出来事でしょう

日常生活では、不動産に関する必要な知識すら入ってこないことがほとんどです

 

転ばぬ先の杖、何かあってからでは遅いので、

ぜひ、知り合いに税理士がいたら、事前に相談してくださいね

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

pcパソコンが苦手ですか?前のページ

税理士業界 男性社員の就職と現実次のページ税理士資格

関連記事

  1. 確定申告の期限延長
  2. 最低賃金
  3. 「扶養控除」できるのは子供だけとは限りません。年収103万円以下の扶養親族を、確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?
  4. 生命保険料控除は3種類あります、確定申告・年末調整で見逃していませんか?
  5. 美容室と協賛金
  6. 「地震保険料控除」を確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP