個人事業主が事業用とプライベート用の通帳(口座)を分けたほうが良い理由

個人事業主のオーナーさんへ

個人事業主が事業用とプライベート用の通帳(口座)を分けたほうが良い理由

 

 

 税理士の山本です。

 

 

 

 

新たに独立・開業なさる方に、必ずしていただくことがあります。

 

 

 

 

 

それは、「仕事とプライベートの通帳をきっちり分けること。」

 

 

 

 

 

 

もし、プライベートのお金を使う通帳と、

 

 

 

 

 

事業用のお金の入出金を管理する通帳が同じなら、すぐに事業用の通帳を作って、

 

 

 

 

 

仕事上のお金のやり取りは、その事業用の通帳に集中させましょう。

 

 

 

 

 

プライベートと仕事、両方のお金を分けないと、

 

 

 

 

 

ご自身で確定申告を行う時に、いちいちプライベートと仕事、どちらの入出金かを

 

 

 

 

分ける作業をしなければなりません。

 

 

 

 

 

これが非常にめんどくさいんですね。

 

 

 

 

 

また、間違いも起こりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

正しい所得(もうけ)を把握するためにも、必ずプライベートと事業用の通帳は分けましょう。

 

 

 

 

 

 

なお、簡単な管理方法としては、

 

 

 

 

 

月に1度、生活費として使う分だけ、

 

 

 

 

 

事業用の通帳からプライベートの通帳にまとめて移すようにしてください。

 

 

 

 

 

 

また、取引先ごとに通帳を作る方がいますが、管理の手間が増えるためおすすめできません。

 

 

 

 

 

2つ以上の通帳を持つと、お金の出入りが複雑になります。

 

 

 

 

 

他の銀行との付き合いがなければ、1つに限定してしまいましょう。

 

 

 

 

 

そうすると、事業全体のお金の流れがすっきりして見えるようになります。

 

 

 

 

 

通帳が1つであれば、「今、手元にいくら預金があるのか」すぐわかるからです。

 

 

 

 

 

 

いちいち、「あっちの預金残高はいくらで、こっちの通帳はいくらで」と考えるのは面倒ですよね。

 

 

 

 

 

 

「仕事とプライベートの通帳をきっちり分けること」によって、

 

 

 

 

 

現預金の管理をシンプルにして、事業に集中できる環境を作り出しましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

名義預金・名義株は、相続税の税務調査で要注意です「名義預金・名義株」は、相続税の税務調査で要注意です前のページ

利益をだしているお店のオーナーさんが高い確率でしていること【テナント物件の家賃交渉】次のページ利益をだしているお店のオーナーさんが高い確率でしていること【テナント物件の家賃交渉】

関連記事

  1. 美容室と家賃交渉
  2. 美容室の居抜き
  3. 健康診断、美容室
  4. 美容師さんと副業

    個人事業主のオーナーさんへ

    副業とオーナーさんの気持ち

    「お店に隠れて副業しています。…

  5. 最低賃金
  6. 美容室と未払残業代

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP