美容室開業と信用情報

銀行・融資・財務のこと

CICの信用情報開示報告書を読むときの、2つのポイント

 

 

税理士の山本です。

 

 

「昔、クレジットの返済が遅れてしまったことがあるので、

それが融資にどう影響するか不安なんです。。。」

 

 

開業予定の美容師さんから、こんなご相談をいただくことがあります。

 

そういう方には、真っ先にCICなどでご自身の信用情報を取得&チェックしていただくことをオススメしています。

 

 

ちなみに、CICから発行された開示報告書をチェックする時のポイントは、2つです。

 

 

①「P・A」などの未入金情報がある(イエローカード)

 

 

未入金を示すA、請求額の一部が入金されたPのマークなどがあるとイエローカードです。

直近1~2年間の頻度が多いと、審査落ちになる可能性もあります。

 

 

一方、1ヶ月だけAマークがあったなど、「うっかり忘れていたんだな」と考えられるケースですと、

審査落ちほどではありませんが、マイナス評価であるのは確かですので、

多ければ多いほど満額融資は難しくなると考えてください。

 

 

②「異動」は、ブラック状態(レッドカード)

 

 

また、①より厳しいのが、「お支払の状況」に「異動」と記載されている方です。

 

 

シンプルにお伝えすると、ブラックリストに載っている状態ですので、

残念ですが融資はまずでないとお考えください。

 

 

(返済日から61日以上または3ヶ月以上の延滞があった人の場合、

この「異動(ブラック)」になっていることがあります)

 

 

 

「信用情報」にキズがあると、独立開業、マイホーム、車、不動産など、

あなたの将来の可能性が著しく狭まってしまいます。

 

 

将来、開業を予定なさっていて、信用情報に不安のある方は、

1日も早くご自身の信用情報をチェックなさるようにしてください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の運転資金資金に余裕がなくなってきたので追加融資を受けたいんですが。。。【運転資金の確保が大切】前のページ

経費を使わないことが、1番良い経費の使い方(多店舗展開できている美容室オーナー様ほど、この傾向があります)次のページ美容室の多店舗展開

関連記事

  1. 信用保証協会
  2. 美容室と銀行への定期訪問
  3. 美容業・資金繰り支援
  4. 美容室と銀行
  5. 美容業の店舗への訪問
  6. 美容室と銀行融資

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP