融資と説明

銀行・融資・財務のこと

「融資の面談で、別の誰かに数字を説明してもらう」、これは悪手。

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「自分の言葉で決算書を説明できない方に、融資したいと思いません。」

 

 

 

とある地方銀行の担当さんの、飲みの席での一言です。

 

 

 

意外とご存じない方が多いのですが、

「融資の面談で、別の誰かに数字を説明してもらう。」

これ、悪手です。

 

 

 

時々、大手ディーラーさんでもこれを知らずに、

 

「融資の面談に一緒についていきますよ!」

「代わりに説明しますよ!」

 

 

と、オーナー様におっしゃる方がいます(特に、新規開業のとき)。

良かれと思ってなさっているかと思うのですが、実はこれ、逆効果。

 

 

「この経営者の方は、自社のことがわかっていないのかな?」

「人任せの経営をしているのかな?」

 

 

など、ネガティブな印象を銀行に与えてしまうことは避けられません。

 

 

 

私も融資のサポートをさせていただくことが多いですが、

面談は、お客様だけで臨んでいただいています。

そのほうが、圧倒的に実行率が高いからです。

 

 

 

銀行は、第三者の口から聞く綺麗な説明を期待しているのではなく、

オーナーさんの言葉を大切にしています。

 

 

 

融資の審査は、決算書などの「数字」が1番重視されるのは事実ですが、

経営者としての姿勢など、目に見えない「数字以外」の要素も大切な審査ポイントとなるからです。

 

 

 

「自分の言葉で伝える」

 

 

とてもとても大切なことなので、開業・新規出店などで、

これから融資面談を控えるオーナー様は、ぜひ意識していただければと思います。

 

※また、知らないご友人がいらっしゃれば、ぜひ教えてあげてください

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

訪問美容訪問美容というサービスの可能性前のページ

美容室を開業するなら、返済期間は1年でも長く、資金繰りを1円でもラクに次のページ返済期間

関連記事

  1. 美容室と繰上返済
  2. 銀行融資
  3. 公庫の特徴
  4. メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する
  5. 美容室の決算書のコピーをもらったら
  6. 銀行評価

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP