新規出店の担保

銀行・融資・財務のこと

住宅ローンの担保になっている不動産を、他の銀行融資の担保として使えますか?

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「新店舗の出店資金として、銀行に融資を申し込もうと思っています。

 

 

自宅は持ち家なのですが、住宅ローンの担保となっている不動産を、他の銀行融資の担保として使えますか?」

 

 

 

 

 

不動産担保に限って考えた場合、

 

 

 

 

 

住宅ローンの担保になっているからといって、

 

 

 

 

 

同じ不動産を、他の銀行融資の担保にできないことはありません。

 

 

 

 

 

不動産の価値が住宅ローンの残高以上あれば、その不動産はまだ担保として使えます。

 

 

 

 

 

例えば、不動産の価値が5,000万円だとします。

 

 

 

 

 

その不動産を担保にして借りた住宅ローンの残高が3,000万円だとした場合、

 

 

 

 

 

差額の2,000万円は、まだ他の銀行融資の担保として使うことが出来るということです。

 

 

 

 

 

つまり、不動産に担保(抵当権)が設定されていても、

 

 

 

 

 

返済が進んでいれば担保としての価値は十分にありますので、

 

 

 

 

 

銀行融資を申し込まれる際は、交渉材料として使ってみて下さい。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の税務調査税務調査は、お店でやらないといけませんか?前のページ

銀行提出用に、裏決算書を作るのはやめてください次のページ裏の決算書

関連記事

  1. 美容室と銀行
  2. 美容室と融資
  3. 美容室と粉飾決算
  4. 美容室の縮小移転
  5. 美容室と融資
  6. 借入は返さない。

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP